ホームパーティプランナーのあゆ美さんのご紹介で、以前おこなった「おうちサイズのうつわfes」でも協賛をいただいた、九谷焼のショップ、陶らいふさんから新発売される「ハレクタニ」というシリーズのアンバサダーをさせていただくことになりました!

もともと食器は大好きな上に、料理の活動をしてるもんだからうちには2人暮らしとは思えない数の食器が詰め込まれてて、さらに現在進行形で増加中。

ただ、それも器を知ったり、スタイリングを勉強していくうちに、買う器、使う器がだんだん変化していってます。

まず、結婚当初のいっちばん最初は、白いお皿至上主義。
ただし、白の色味へのこだわりもなく、ただ白きゃいいかな的な感じ。
そして、さらに可愛いもの好きでラブリーな器を買ってました。
ちなみにこの頃買いあさったル・クルーのハートのラムカン、大量に眠っております

なのでこの頃買ってた器は洋食器ばかりで、和食器には超苦手意識があり、まず買うことはなかったのですが、変わったきっかけは「うつわfes」。
うつわfesでは九谷焼に漆器、作家もの、と様々なタイプの器に料理を盛ったところをみて、実際に華やかな料理を盛ることで地味目なメニューがすごく引き立つのを実感。
そこから九谷焼もファンになり、自分でも少しずつ増やしていっているところでの今回のお話だったので、すごくうれしい機会!

今回、アンバサダーをさせていただく「ハレクタニ」は、九谷焼の新作で、かなりポップな作品なので、和洋折衷な料理を作る私にはぴったりな感じで、
実際にこれは、ピタパンサンドを作った時です。


ピタパンって、中にどんなに鮮やかな食材を入れても茶色い皮で包まれていて、華やかさが出ない料理の代表みたいな感じなので、逆にカラフルな絵付けのハレクタニを使うことで、食事が華やかにもなるし、地味な食事だからこそ、器も引き立つなぁって思って。


同じような理由で、このバルコニーでのお茶の時もハレクタニのカップ&ソーサーを使いました。


この時も、デニッシュリングにモンブランペーストがのったマロンリング。
味はおいしいけど、これもやっぱり茶色い。
さらに茶色いカッティングボードの上にのせたので、かなり茶色い塊に。
しかも黒いテーブルなので、もう超地味。
でもここにハレクタニのカップ&ソーサーを入れると一気に華やかに♪
カッティングボードを2枚重ねて高さを出した分、足つきのカップのおかげでバランスもよくなりました。

上品な雰囲気のカップなので、バルコニーっていうカジュアルな場には合わなさそうに見えて逆に締めてくれるアイテムになりました。

一緒に合わせたケーキ用のお皿は有田焼。
同じ器をシリーズ使いするのも素敵だけど、洋服と一緒でいろんなブランドの好きなものが手元に集まって、その色んな種類の器をミックスさせて使う方が自然だし、相乗効果でそれぞれの器の良さが出る気がして最近は好きです。
もちろん、スタイリングの難易度はあがるからそこは頑張らなきゃだけど。

ハレクタニは和食器でありながら洋食器の雰囲気がある器なので、これからいろんなスタイリングをしてみるのが楽しみです♪

スタイリングした食卓はInstagramに乗せるので、是非見てくださいね~